ログハウスのことなら、いい住まい作りのお手伝い~LOGHOUSE~におまかせ!

  • ログハウスコンテンツ
  • ログハウスとは
  • ログハウスの特徴
  • ログハウスの種類
  • 色々な塗料
  • 色々な木材
  • メンテナンス
  • 完成までの流れ
  • ログハウス用語集
  • リンク集

ログハウスとは

ログハウスとは主に、丸太を積み上げて作られる、丸太組構法(校倉造り)という工法で造られた建物のことを言います。

因みに、管理人は、いつかログハウスを購入して、そこに住むのが夢だったりします。勿論、セカンドハウスではなくて、マイホームとして。ログハウスは、気候風土に適しているし、ログハウスに使用している木材が、湿度などを調整してくれるので、夏は涼しく、冬は暖かく、自然のエアコンとして活躍してくれるのです。

日本最古のログハウスで有名なのは、約1300年前に校倉造りを用いて造られた奈良の東大寺・正倉院宝庫です。
正倉院宝庫の工法は、校倉(あぜくら)造りとして有名です。

校倉造りとは、校木(あぜき)を井楼組(せいろうぐみ)と呼ばれる井桁状に組み上げて壁をつくり、 柱を用いない構造のことを校倉造りと言います。

また校木とは、正倉院で見られるように、材木の断面がひし形になるように積み上げるための四角い断面が有名ですが、円、三角の断面のものもあるそうです。

壁体の木材が、空気中の湿度に合わせて伸縮し、すき間をつくったり閉じたりするため、室内の湿気を調整できることが利点です。

正倉院は、宝の保管庫として現在も健在しており、収められている宝物はいずれもほぼ完璧な状態で保存されています。

土地活用なら仙台の賃貸、駐車場・パーキング

ログハウスを長持ちさせるポイント

ログハウスを購入、とても大きなお買い物ですよね、ログハウスを大事に長く使いたい方は、次の事に注意しましょう。

木材に水・湿気を与えないこと。コーキングなどで水を防ぐ、床下に防湿フィルムをいれ、土間コンクリート を打つなどして湿気を防ぐ、軒を深くする、雨押さえ、水切りなどにより雨水を防ぎます。露などによる水分、乾燥の繰り返しはよくありません。

ログを乾燥させること。日に当てること、床下、小屋換気口などにより風通しを良くすることが大切です。

ログを地面からはなすこと。基礎を高くして、高床にします。

ログを栄養分にされないようにすること。防腐土台を使うか、防腐、防蟻剤を塗布します。また、腐りにくい樹種、ヒバ、ヒノキなどを土台に使います。

以上のことを守ればログハウスを長く、そして安心して住むことが出来るでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

mixcdなら

塗料の通販専門店

ガーデニング用品をお探しなら

ジェルネイルキット専門店:QueenMarket

オーダーカーテン専門店